お役立ち情報

発達障害の方は睡眠トラブルを抱えている?🌈

新大阪センター

こんにちは!就労移行支援事業所ライラ新大阪センターです🌈

毎月23日は「不眠の日」です。

今回は発達障害と不眠についてご紹介いたします。

不眠―睡眠障害、よく聞きますね。

睡眠障害、と一言で言っても、過眠症、覚醒障害、睡眠時無呼吸症候群など、多くの種類があります。

ではこの睡眠障害と発達障害とどのような関係があるのでしょうか?

一般社団法人 こども発達支援研究会に興味深い記事がありました。

ここでは、ASD、ADHDをはじめとする発達障害を抱える人の50%が睡眠障害を抱えているそうです。

原因は複合的ではありますが、発達障害の特性のつながりも充分に考えられます。

夜にしっかり眠れていないと、日中活動に大きく影響が出てきてしまいます。

仕事に集中できずにミスがでてしまったり、そもそも朝に起きれなくなり、会社に遅刻してしまう可能性があります。

発達障害の方の睡眠障害に関わらずですが、まずは日常の生活リズムを整えることや、基本的な生活習慣の改善が、睡眠を安定させるために大切といえますね。

ライラでも、就労に向けてまず取り組むのが日常の生活リズムの安定化です。

ライラ独自の体調管理表を用いて、睡眠リズムを視覚化し、改善方法を考えます。

この体調管理表はを医療機関と共有することもでき、実際お医者にさんに、

患者さんの話だけで睡眠時間や精神状態を把握し、服薬を調整することは、短い受診時間では難しいこともある、これは非常に助かる」

と言っていただいています。

生活リズムを整えて安定した就労を目指したい方は、一度ライラにお問い合わせください🌈

参考文献:なぜ発達障害を抱える人は、睡眠障害を併発することが多いのか?│一般社団法人 こども発達支援研究会 (kohaken.net)

#新大阪 就労支援 #西中島 就労支援 #就労移行支援 ライラ #障害者雇用 #発達障害 #ADHD #うつ 就職 #リワーク #適応障害 #就労継続支援 #就労継続A型 #仕事が続かない #仕事やめたい #HSP #睡眠障害

ライラ新大阪センター🌈
面談・無料体験、ご予約受付中!
フリーアクセス【通話無料】0120-800-257📞

この記事をシェアする

どんな質問でも
お気軽にご相談ください

ご家族様からのご連絡もお待ちしております。

0120-974-524[通話無料] 受付時間 9:30~17:00

※LINEのメッセージ機能はご質問回答などの目的以外では利用しません。また、いただいたアカウント情報は第三者へ提供することはありません。

梅田センター

0120-974-524[通話無料] 受付時間 9:30~17:00

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目3番1号大阪駅前第1ビル11階 1-1-2号

マップ・センター詳細

新大阪センター

0120-800-257[通話無料] 受付時間 9:30~17:00

〒532-0011
大阪市淀川区西中島6丁目1番15号 アセンズ新大阪 4階C号室

マップ・センター詳細

明るいスタッフが、
笑顔でお待ちしています

新型コロナウイルス感染拡大防止についてスタッフ全員が定期的にPCR検査を受けている他、毎日の検温・体調管理・マスク着用・手指のアルコール消毒、空気清浄機の設置と十分な換気、席ごとにアクリル板を設置するなど感染症拡大防止対策を徹底しております。

LINEで相談する

LINEからの質問やご相談も
お気軽にお待ちしております♪

新しいスタートについて相談したい

病気や障害についてききたい

ライラ公式LINEアカウント

QRコードをスマートフォンで読み込んで友達に追加してください

※「LINE」をインストールされていない場合はアプリのダウンロードページへリンクされます。

通話無料
LINE
お問い合わせ